水槽の厄介者

こんにちはmizuneです^^

この時期の毎日の大雪と事務仕事が苦痛です。。。

来週末にライブロック届きますのでレイアウト変更します。(ただの勢いですw)

たまにライブロックから厄介な海藻生えてきますので注意が必要ですね。

・最初に削り取るか酷く生えてるのは入れない。

・全体的にブラシでこするか削る。

画像のは過去に私の水槽に大発生したアミジクサです。

枝ブロックから発生→抜く→取逃がし浮遊→別な場所に活着。

この繰り返しで抜き取ると多少なりの酸が出ると思われます。

私の中で一番の厄介者です。

上の画像のように1週間であれくらいアミジクサ取れます。

下の画像は取り除いてもすぐにポンプの網目に詰まり活着した画像です。

オバーフローの吸い込み口ストレーナ部詰まりますので、水槽の水位が上昇しますので注意が必要です。オバーフロー管の内側にも活着してますので注意です。

底砂からも生えてきます。最終的にはリセットして砂から生えるのはピンセットでコツコツ集めてましたね。

キイロハギはアミジクサ食べなかったです。ヒフキアイゴは1回だけ食べましたw

シラヒゲウニを大量に入れました。

シラヒゲウニはよく食べてくれます。

成長が早いのと水流ポンプや器具が表面傷みます。

レプリカライブロック・塗料を食べます?削り取る?どちらかです。

石灰藻も食べます。

別な成長の遅いタイプのウニの方がいいかもです。

あと穴のたくさん開いているライブロック一番要らないですよ!

シャコとカニが居ますので。

・穴にエアーで生物を追い出す。

・リーフセメント・ポリグールで埋める。

この2つやってます。

続いての厄介者はヒラムシですかね。私の水槽で捕まえたタイプのを紹介します。

ミドリイシに付くタイプのです。海藻の大発生から比べるとさほど脅威ではありません。

画像のコケ取り貝と比べてみてください。意外と大きいです。

これならスポットマンダリン・ニセモチノウオの小さな口で食べれるのでしょうか???

このタイプのヒラムシ発見するの難しいです。ブルーとグリーンの枝サンゴに付いていたのですが水槽から取り出さないとわからないです。ポリプふさふさしても沢山ヒラムシいたりします。

下の画像はオーストラリア産枝サンゴに10個ほどヒラムシいました。

部分的に淡くなって手遅れになりました。

ヒラムシの発生源はこのイエローグリンの枝とすぐ横にあったインドネシア産コエダミドリイシについていました。コエダの方は30~40匹いたかもです。

その後すべてのサンゴとライブロックをコーラルRXで薬浴しました。他は付いてなかったです。

私は購入したサンゴはほぼコーラルRXを必ず使います。

うちのヒラムシはどこから来たのかはわかりませんwライブロック?

私はいつも2リットルの容器でコーラルRXつかいます。

・スポイト

これでよく取れます。

画像のは小型のポンプとスポイト使ってます。(私の場合)

ついでに海藻をブラシとコーラルカッターで取り除きます。

サンゴ飼育には生物兵器入れろってことですねマンダリンにニセモチノウオ!

あと添加剤はこれですね!!!

SPSサンゴを食害するヒラムシの除去に役に立ちます。色上りも確認されてます。とのことです。

昔これずっと使ってました。1年やめてたんですがまた使います。大事な添加剤と判断しました。

すぐにこの添加剤効果は出ないらしいですよ。少なくとも3か月は継続添加を行ってくださいのことです。私は添加やめてた時にヒラムシでたんですよ。生物兵器も入れてなかったし。。。油断してました。

スポットマンダリン・ニセモチノウオ・FlatwormStop・コーラルrx・ウニ

これは大事ですよ~


ZEOvit system水槽で煌めくサンゴたち

mizuneのサンゴ海水魚飼育ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000