ライブロック加工

こんにちはー(^^)/

沖縄からライブロックの方が届きましたー。

ライブロックのキュアリングは全くやってません。エアーで半日ブクブクとか。。。

それよりも臭いのは入れない、海藻付いてるのはわる・すてる、コーラルRXにつける。

思ったんですが、高価な養殖のライブロックじゃなくてよっかったのですよ。

どうせ加工したり削ったりするので。

やや金すてた感覚(;^ω^)

まじで高いよ。。。

ライブロックそのまま砂の上置くと場所取りますからね。

通水わるいしですね。

土台を50×75と40×75ソケットをコアビットで穴開けたのにポリグルーで接着します。

ソケットに通水の穴を開けて止水防止に加工。

で、セメント使ってソケット隠します。

リーフセメントだけで使うと強度不足ですので、砂を混ぜます。

見た目もごつごつ感で岩みたいに見せます。

使ったのはフロリダクラッシュドコーラルです。

砂が粗いのでセメントと混ぜるのにはよかったです。

この日は土台部分の加工が終了。

手が汚いので作業の画像無し。

でも大きな塊ライブロック使うこと自体、水流の通水はかなりわるくなります。

わるいことするのだからアホですね。

Dinosでないといいな(;^ω^)


塊と枝のライブロックが別な日に届いて作業中断したりしてます。

枝も海藻取り除いてブラシで不要なものを落とします。

でコーラルRXにつけます。

この枝を先ほどの塊ライブロックに差し込んでサンゴ乗っかるようにします。

テーブルサンゴがいいかもですね。


ここで一先ず終了です。

後はサンゴのレイアウトが問題。。。。

切ったり接着したりの作業(*_*;

後片付けも大変だったな。。。。

次回は全体の水景でも載せましょうかね。

レイアウト自信ないな。。。

まだ終えてないレイアウト作業でも週末しますかー。

頑張れ俺( `ー´)ノ

ではまたです。


ZEOvit system 水槽で煌めくサンゴたち

mizuneのサンゴ海水魚飼育ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000