あけましておめでとう!2019verセメントレイアウト完成

あけましておめでとうございます

2019年もよろしくお願い致します。


年末にようやくライブロック届きました。

約1か月待ちましたよ。。。


昨年11月末からの作業の流れです。

こちらはセメントロックのベースになります。

型枠に下地のセメント流して、杭打ち、セメント流しって画像です。

このベース上に巨大なライブロックのせて浮かせて見えるように、

また張り出したレイアウトにしました。

ライブロックの下には砂が入り込まない、デトリタスのメンテが容易になります。

通水性を高めた形になりました。


使用したのは、べっぴん珊瑚アクアセメント7袋

アクアセメントですので安心感ありますね!

フロリダクラッシュドコーラル1袋半くらい。

色々試して試作の練りでこちらのフロリダクラッシュドコーラルが固まりが早かったです。

また強度もいい感じです。

逆に大きなアラゴナイトで試しましたが強度がいまいち。。。

他に仕上げ塗りは細かいアラゴナイトサンドなどで仕上げました。

型枠2枚に割に、左側マグネット(フラグ用)

カッコ悪かったガラス面のフラグマグネット、やっとスッキリする。

自宅のリビングで作業してます(;^ω^)

外は雪。。。。

乾きましたー!

次は岩にみせるのに仕上げ塗り!


完全に乾きましたら次の作業!

RO水で数日、毎日交換。

初日と2日目にドロドロの出ます。

大量に使っているため。

容器も白くなりますので一緒に洗います。

淡水に何日も浸けときますと微量にアラゴナイト溶けるので海水に変更。

海水に入れて2日おきに交換。

すて水の時、タワシで仕上げてます。

バケツの淵が白くならなくなったらOKでしょう。

直ぐにドボンすると水槽のサンプの淵が白くなりますからね。

この作業に2週間以上。

メイン水槽に入れて1か月がたち生体に異常なし。

やっと届きましたライブロック!

1か月まって普通グレード(?_?)

こんな落ち。。。


添加剤使ってなかったのでカラーはわるいです。

砂は敷いてません。

水面より10cm~15cmのレイアウトです。

横長の巨大岩の様な感じで仕上げました。


水槽裏側にリフジウム容器設置します。

配管穴だけ開けました。

目的はいろいろありましてPHとORPを安定させること。

他はここの容器で砂とライブロックを定期的に交換する予定です。

メイン水槽の中は交換しない!

セメントベースロック設置でずっと同じレイアウトでいきます。

前まで毎年1回、砂とライブロックをリセットして交換してました。

それを、リフジウム容器でってわけです。


リフジウム24時間ライト点灯するわけで、苔の心配あります。

コケ食べる生物入れますが想像つかないですわ。

どうなることやら。。。


私のアクアもレイアウト・機材もやりたいことやったのでもういいかな感であります。。。

最近のわくわく感がない。。。2019スタートしたばっかですけど(;^ω^)




ではまたです(^^)/



















ZEOvit system 水槽で煌めくサンゴたち

mizuneのサンゴ海水魚飼育ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000